タブレットを操作する男性

直感的

タブレットを操作する女性

今の時代、ほとんどの人がスマートフォンを所有していますね。
それは、小学生ほどの小さなお子さんから、高齢者まで幅広い年代が使用している時代です。
もちろん、人によっては、ipadも日常的に使用しているかもしれません。
キャリアによっては、「iPhoneを契約してくれたお客様にipadを無料で!」みたいなキャンペーンを実施しているところもあります。

こういうスマートフォンやipadなどのタブレットって、従来のガラパゴスケータイやパソコンから考えると、かなり操作性が向上したように思います。
フリックやスライド、スワイプ、タッチなど、直感的に操作できるので、誰でも使うことができます。
2才児でも使えるくらい簡単と言われているわけですから、その操作性の高さは素晴らしいと言えます。

子どもも、女子高生も、サラリーマンも、お年寄りも、たくさんの人がスマートフォンやタブレットを使用しているわけです。
ですから、ショップにipadposシステムを導入しても、大きな問題はないと言えるでしょう。
多くのショップでは、パソコン型・レジ型のposシステムを導入していますから、急にipadなどのタブレット端末のシステムを導入してしまうと、かえって混乱してしまうのでないかという懸念があるわけです。
パソコン型やレジ型のほうが使い慣れているし、ipadposシステムは業務効率を下げてしまうかもしれない……。そんな不安を、抱える必要はありません。

上でお話したように、パソコンposやレジposよりも、むしろipadposのほうが使い慣れていると言えます。
それに、ipadは直感的に使えるので覚えやすいですし、posシステムもすぐ使いこなせるでしょう。
ショップなどでは、高校生がアルバイトとして働くことがありますが、業務経験の少ない子でも安心して管理を任すことができます。
ipadposシステムは、誰でも簡単に使いこなせるのが一番のメリットです。


Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013

Copylight all ipadposを導入して、レジの効率化を図ろう reserved